Mac に yarn をインストールする方法

どうも、きっしゅです。

JavaScript での開発を行っていると npm は必須だと思います。

最近では npm の上位互換である yarn を使うことも多くなりました。

この度自分の開発環境にも yarn をインストールする必要があったので備忘も含めて記事にしました。

yarn が必要な方は是非参考にしてください。

スポンサードリンク

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

Mac に yarn をインストールする方法

前提の確認

まずは yarn をインストールするための前提を確認したいと思います。

  • Homebrew がインストールされていること。
  • Node がインストールされていること。
  • npm の実行ができること。(Node のインストール後にパスを通していること)

上記の前提がまだ満たせていない場合はまずは下記の記事を参考に前提部分の環境構築を完了させてください。

Homebrew のインストール方法は下記の記事を参考にしてください。

Node のインストールの方法は下記の記事を参考にしてください。

npm のパスをまだ通していない場合は下記の記事を参考にしてください。

前提条件が全て満たせている場合は次に記載している yarn のインストール作業に移ってください。

yarnをインストールする方法

yarn のインストール方法は非常に簡単で npm を使ってインストールします。

brew を使ってインストールをすることもできますが、依存関係的に Node をインストールして npm 経由の方が開発環境としては間違いが発生しないので、brew を使うパターンには触れません。

yarn のインストールには以下のコマンドを実行します。

npm install -g yarn

コマンドを実行するとインストールが完了すると思います。

処理時間としてはほんの数秒です。

処理が終了したら正常にインストールが完了しているかを確認するために下記のコマンドを実行します。

yarn -v

バージョンが表示されたら正常にインストールされている証拠です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

問題なく yarn のインストールはできましたでしょうか?

yarn がインストールできると開発作業の捗りますね!

みなさまの開発ライフの役に立ちますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました