【Python × Twitter】Twitter API 用のアプリケーション設定と認証情報の取得方法

どうも、きっしゅです。

皆さんは Twitter をやっていますか?
Twitter は言わずと知れた SNS ですね。

Twitter を使う目的はたくさんあると思います。

情報発信のために Twitter でのデータを分析して活用している人もたくさんいると思います。

Twitter のデータを分析する方法はたくさんあると思います。自分はどうせエンジニアならそのようなツールは自分で作ってデータ分析をしてみよう、と思いました。

Twitter には TwitterAPI という Twitter を操作するための API が用意されています。

本記事では TwitterAPI を利用するための Developer Portal 上でのアプリケーション設定と認証情報の取得方法を紹介します。

スポンサードリンク

Twitter API 用のアプリケーション設定と認証情報の取得方法

まず前提として、Developer Portal 上でプロジェクトとアプリケーションの作成が完了している必要があります。

まだ作成していない人は下記の記事を参考にプロジェクトとアプリケーションの作成を行ってください。

アプリケーションの許可設定を変更する方法

まずはアプリケーションの許可設定を行います。

初期設定では Read Only 、つまりツイートの取得やプロフィールの取得のみが可能で、API を使ってツイートをしたりるすことができません。

この設定でも問題ない場合は許可設定の変更はスキップしても問題ありません。

Developer Portal の左側にあるメニューから [ Project & Apps ] -> [ 自分が作成したプロジェクト ] -> [ 設定したいアプリ ] を選択します。

すると下図のように設定画面が開きます。

設定画面を開く

設定画面を開いたら、アプリの許可設定を編集します。

画面下部にある App permissionsEdit を選択します。

アプリの許可設定の編集

Edit を選択すうると下図のような画面に遷移すると思うので、任意のパーミッションに設定してください。

パーミッション設定を変更する

自分は今回は DM を使う予定はなかったので Read and Write に設定しました。

選択したら Save を押下して設定変更を反映させます。

API を利用するための認証情報を取得する方法

続いては認証情報を取得します。

Twitter API を Python で利用するために必要となる認証情報は以下です。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret key
  • Access Token Key
  • Access Token Secret

まずは先ほどの Setting 画面を選択したタブの右にある Keys and tokens を選択します。

Keys and tokens を選択する

ここから必要な認証情報を取得します。

下記の記事を参考に認証情報を取得した方は上図のように、Consumer Keys の API Key & Secret と Authentication Tokens の Bearer token は取得済みになっていると思います。

まだ取得していない場合は Generate と表示されていると思うのでそこから発行してください。

認証情報は1度しか表示されません。表示したら必ずどこかにコピーして保存するようにしてください。

すでに取得しているが紛失したりしてしまった場合は Regenerate から再発行してください。

再発行する場合はすでに発行していた認証情報は破棄されます。ですので過去に発行した認証情報を使ってコードを書いていた場合はコードの修正が必要になります。

今回は Consumer Keys の API Key & Secret と Authentication Tokens の Bearer token は取得済みだという前提で Access Token Key の取得方法のみピックアップしていきます。

取得方法は非常にシンプルです。Access token & secret の Regenerate を押下するだけです。

Regenerate を押下すると下図のような画面で表示されるので、それぞれの情報をコピーして保存します。

認証情報は1度しか表示されません。表示したら必ずどこかにコピーして保存するようにしてください。

全ての認証情報を取得して保存すると下図のようになると思います。

これらが取得できたら認証情報の取得作業は完了です。

認証情報は流出してしまうと悪用される可能性があるので公開などはしないように気をつけてください。

あとは実際にコード書いていくだけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?無事に認証情報の取得は完了しましたか?

ここまで完了したらあとは実際にコードを書いていくだけです。

実際にコードを書いていく記事は後ほど作成しますので、しばらくお待ちください。

みなさまの快適な Python ライフの役に立ちますと幸いです。

スポンサードリンク
Python Twitter
きっしゅをフォローする
Ibukish Lab+

コメント

  1. […] 【Python × Twitter】Twitter API 用のアプリケーション設定と認証情報の取得方法どうも、きっしゅです。皆さんは Twitter をやっていますか?Twitter は言わずと知れた SNS ですね。Twitter を使う […]

タイトルとURLをコピーしました